医学部 基礎医学法医学Legal Medicine

JapaneseEnglish

法医学2016

 2007年より再開した法医解剖は、2011年にアナトミーセンターに新しい法医解剖室が完成し、一層の業務の拡充が図られた。2015年7月より、同年3月に転任した前教授の後を継ぎ、水上 創が第6代目教授として赴任し、解剖業務を継続して行っている。現在、石川県内のみならず富山県および福井県の一部を含む年間60〜70例程度の法医解剖を司法機関と連携して担い、司法上への貢献、公衆衛生上の向上、公共福祉の増進に寄与している。
 現在の教室の研究テーマは、「薬物摂取者における薬物代謝酵素の遺伝子解析」、「法医解剖内因性急死例に対する遺伝子解析およびその発生メカニズムの解明」及び「羊水塞栓症におけるアナフィラクトイド反応の関与に関する検討」等である。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8099 +81-76-218-8099 / FAX: 076-286-5242 / Email: legalmed@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 水上 創 法医-水上教授2016

助教

  • 竹下 裕史
  • 小林 正宗

主な研究業績

部門別研究業績

  • Hajime Mizukami, Masamune Kobayashi, Shuichi Hara, Shinjiro Mori, Fumi Kuriiwa and Tatsushige Fukunaga. Histopathological changes in cardiac muscle and adrenal cortex in autopsy cases of fatal hypothermia. Acuta Crim. Japon. 2016; 81: 140-147.
  • 水上 創、小林 正宗、原 修一、栗岩 ふみ、吉田 謙一、森 晋二郎、福永 龍繁、永井 智紀.内因性突然死例のアンギオテンシン変換酵素(ACE)遺伝子多型の検索(第2報). DNA多型 2015;23:174-176.
  • 森 晋二郎、呂 彩子、景山 則正、水上 創、船越 泉、渡 貴博、福永 龍繁.内因性心膜血腫剖検例における死後CT画像の評価と心肺蘇生術の影響.法医学の実際と研究 2015;58:119-124.
  • Ayako Ro, Norimasa Kageyama, Hajime Mizukami, Kumiko Asakura, Izumi Funakoshi, Shinjiro Mori and Tatsushige Fukunaga. Pathomorphometic Analysis of Cardiac Conclusion System with Serial Sections: Part 1.Volume and Density of the Sinoatrial Node in the Longitudinal Axis. Res. Pract. Forens. Med. 2015; 58: 201-205.
  • Ayako Ro, Norimasa Kageyama, Hajime Mizukami, Kumiko Asakura, Izumi Funakoshi, Shinjiro Mori and Tatsushige Fukunaga. Pathomorphometic Analysis of Cardiac Conclusion System with Serial Sections: Part 2.Characteristics of Atrioventricular Node, Bundle of His, and Associated Arteries. Res. Pract. Forens. Med. 2015; 58: 207-213.

主な外部研究資金

  • 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究:不整脈死の「可視化」:刺激伝導系の3次元画像解析・病理組織解析と遺伝子解析の融合(研究分担者 水上 創)
  • 科学研究費補助金 若手研究(B):ADAMTS13KOマウスを用いた突然死発生メカニズムの解明(研究代表者 小林 正宗)
  • 科学研究費補助金 若手研究(B):羊水塞栓症におけるアナフィラクトイド反応の関与に関する検討(研究代表者 竹下 裕史)